2012年01月20日

余ったスピーカーの有効活用

Z-4のサブウーファー、ゲームのときにいちいち電源入れるのがめんどくさくなってあんまりつかってなかったのですが、有効活用する方法を思いつきました。
Z-4をゲーム+その他のスピーカーにして、GX-100HDは音楽用にしました。

IMGP0077
IMGP0077 posted by (C)カルピスソーダ

こんな感じ。
GX-100HDは光ケーブル、Z-4はヘッドホン端子につないでるので、再生デバイスが二つになります。
うちのRealtekサウンドの場合はZ-4を「スピーカー」、GX-100HDは「Realtek Digital Output(Optical)」になります。なので、「スピーカー」を既定のデバイスにして、foobarでは個別に「Realtek Digital Output(Optical)」を選んでおけば、完成。
この状態だと、TDU2をやりながら音楽も聴ける!つまり、カーステレオから自分の好きな音楽を流してる気分を味わうことができるのです!
余ったものを有効活用すると気分が良いですね!


おわり

スポンサードリンク



posted by カルピスソーダ at 20:16 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。